本文へスキップ

****************


 

A1.下図にてご参照ください。(竹刀及び剣道具規格より:(財)全日本剣道連盟 公認名称)


  面の各部の名称 乳革・面紐のつけ方


Q2. 面がゆるい(きつい)のですがどうしたらいいの?

 

A2. ご自分に合ったサイズ(顔・頭・体)選びについては、必ず専門店にてご相談下さい。
  面布団(耳下から肩に当る部分)の長短は、肩幅に合わせ、特に後頭部が面布団から
  はみださない面を選んで下さい。また、面紐の取りつけ方によって紐の長さが違います。
  面紐を結ぶ位置は、後頭突起部(目のうしろ側)のあたりで結びます。
  紐の長さは、面紐を結んだとき、結び目から40cm以内の長さになるように、
  調節して使用下さい。

  1. 余分な紐は、切り落とします。
  2. 切り落とした部分を3cm位ほぐします。
  3. ほぐした中から3本位の糸を取り出し、ひとつの束とします。
  4. 同様に、もうひとつの束を作ります。
  5. ふたつの束を一周させて、固結びにてとじ終え、調整します。
【チェック事項その1】

◆「物見」(上から6本目と7本目の間が少し広くなっている)から見えるようにかぶります。 「物見」から見るようにすると姿勢が正しくなります。

Q3. 使用前に安全確認する所がわからない!どうしたらいいの?

 

A3. 下記が生じた時には、専門店にて点検修理・交換が必要ですのでご使用はおやめ下さい。

  1. 面金のカシメがゆるんでいないかどうか確認しましょう。
  2. 物見(広くなっている部分)がゆるんでいないかどうか確認しましょう。
  3. 面ぶち革が傷んでいないか、確認しましょう。
  4. 止め革が切れていないか、確認しましょう。
  5. 内輪・天地(顔に当たる布団部分)がずれたり、傷んでいないか確認しましょう。
  

Q4.  手入れ方法がわからない!どうしたらいいの?


A4. 面の使用直後には、手ぬぐい等にて内輪の汗を十分に拭き取り、
   必ず日陰干しにて良く乾燥させるように心掛けて下さい。乾燥室がある方は、ご利用下さい。

また、 汚れのひどい場合には、まず掃除機にて埃を取り除き、その後に堅くしぼった手ぬぐい等にて、汚れている部分を丁寧に拭き取り、再度日陰等に干して乾燥させて下さい。清潔に心掛け、通気性の良い場所にて保管して下さい。 尚、一年に一回、あるいは使用頻度が多い人は半年に一回心ず専門店にて点検を受け、また永年使用されなかった面を再び使用する場合、同様に専門店で点検を受けましょう。 また、剣道具クリーニングや消臭スプレー等も開発されておりますので、専門店へご相談下さい。

参考文献「剣道用具マニュアル(著作・イラスト:石渡康二)」

バナースペース