本文へスキップ

全日本武道具協同組合は武道具製作メーカー、職人、材料屋、小売店からなる団体です。

突きからのど元を守る安全顎



突きからのど元を守る安全顎の発売を開始しました。
安全性向上のため、形状だけを真似した類似品を排除するため特許を取得いたしました。(特許第5438204号)






去る平成24年、武道学会で突きによる竹刀先端部が頸動脈に入る危険性が指摘され、」対応部品の開発が求められました。
面と頸動脈に至る位置関係の研究から始め、打ち込み時の顎の上がりによるのど元部分の空白を埋めることが重要と考え、常時下方向向きに稼働する安全2重顎を開発しました。



リング状部品は面に対して直角、平衡状態を保ち、金属疲労の軽減と形状変化による交換時期の目視に役立ちます。

安全性向上のための部品ですから、取り付け技術を取得している全武協組合員店でのみ取り付けが可能です。

一般、学生用(取り付け料込)  ¥3,500+税


バナースペース