本文へスキップ

全日本武道具協同組合は武道具製作メーカー、職人、材料屋、小売店からなる団体です。

事業内容

武道用具の安全性への取り組み

SSPシール事業
   竹刀による事故を未然に防止するため、(財)全日本剣道連盟の規格に合致した竹刀に対し
   「SSPシール」を貼付して品質保証することにより、より安全な竹刀の普及を目指しています。

安全顎事業

    突きからのど元を守る安全顎の販売を行っています。
竹刀ゲージ事業

    お手持ちの竹刀が試合基準を満たしているか測れる竹刀ゲージの販売を行っています。

2月19日「武道具の日」キャンペーン活動


 武道具の消費活性化を目指し、武道具の日キャンペーンを実施しています。
 毎年2月19日を「武道具の日」と制定し、豪華賞品が当たるくじ引きなどの活動を通して、
 武道具の普及活動をしています。

全日本剣道連盟への協力

5月京都大会における用具の製作実演及び展示

外国人研修会における用具の修理指導

外国人向け中古防具の修理

医・科学委員会への参加・協力


武道振興大会への参加・協力


バナースペース