HOME > 全武協の概要

全武協の概要

■全日本武道具協同組合とは?

『全日本武道具協同組合』は全国150数社の武道具製作メーカー、職人、材料屋、小売店から成る団体です。<<人間育成>>を培う上でも欠かすことのできる<<質実剛健>><<文武両道>>という我国固有の『武道精神』として受け継がれてきた『伝統文化』であります。『全日本武道具協同組合』は武道振興のため、伝統を守り、武道用品の製作ができるということを誇りとしております。また、今後先人たちの築いてきた『武道精神』と『伝統文化』を守り、安全なる武道具の研究、後継者の育成に努めてまいります。


■理事長挨拶

全日本武道具協同組合は、日本国内で武道具用品に携わる業者の集まりです。
全武協に加盟している業者は、武道具の小売店、卸売業者、製造業者、材料業者、職人が加盟している日本唯一の団体です。
より良い武道具用品を提供することにより、日本の伝統文化である武道が安全で健全な発展に寄与することを目的としています。
武道は格技です。激しく厳しい対戦の中で、身体を保護し、動き易い、且つ美的にも優れた武道用具は先人の知恵の結晶です。
全武協では、日本伝統の”技”を受け継ぎ、時代に即した武道具用品の開発研究と品質向上を追及しています。
全武協は、昭和43年に全日本武道具連合会として組織され、平成18年に協同組合として改組されました。現在、加盟業者は150社余社であり、組織率は40%ほどです。
主な活動は、武道具用品の技術の伝承と開発研究、品質保証、協同製造・販売、広報活動、武道の普及活動、組合員の福利厚生と多岐に渉っています。
粗悪な武道具は、怪我に直結して危険です。 特に重点活動として、全武協では「武道用具安全推進委員会」を設置し、安全で高品質の武道具の提供を推進しています。
平成19年より展開している事業で、剣道の竹刀の品質保証を目的とした「SSPシール」事業は、公式試合での不良竹刀の激減を促し、安全な剣道の啓発活動に大きな効果をあげています。
全日本武道具協同組合では、日本伝統文化の武道の発展に寄与する為、誠実な活動を展開しています。
全武協並びに組合員へのご指導ご支援をお願い申し上げます。

理事長  松本 孝仁


■全日本武道具協同組合の沿革

昭和43年(1968年) 武道の発展・業界の地位向上・会員相互の親睦をはかる目的で、東日本地区・西日本地区・九州山口地区からなる連合会として、初代会長早川良祐が全日本武道具連合会を組織。
昭和44年(1969年) 松本弥一が第2代会長に就任。
昭和50年(1975年) 高橋金次郎が第3代会長に就任。
昭和51年(1976年) 松本 寛が第4代会長に就任。
昭和53年(1978年) 菱山一郎が第5代会長に就任。全日本剣道連盟主催の外国人研修会等に協力し,積極的に武道の発展に寄与。
昭和63年(1988年) 大河内健太郎が第6代会長に就任。武道振興大会に参加するなど武道振興に力を注ぐ。
平成  元年(1989年) 松本 正が第7代会長に就任。全日本剣道連盟との協力のもと剣道用具の規格化に着手。
平成  4年(1992年) 松本 学が第8代会長に就任。京都大会における製作実演等を通じて武道の発展に寄与。
平成12年(2000年) 菱山 幸一が第9代会長に就任。サンタクララ、グラスゴー、台北等の世界選手権大会に防具修理チームを派遣し協力。国際的な武道の振興に貢献。
平成18年(2006年)

協同組合として改組され、155社が参加。 菱山 幸一が初代理事長として就任。
武道用品の製作技術の伝承、開発・研究、武道の普及活動,組合員の福利厚生などの活動を行なう。
特に、武道の普及においては2月19日を武道具の日としキャンペーンを実施。製作技術の伝承については、毎年9月に研修会を開催。 また、包括的な業界の自主規制として、剣道の稽古および試合における竹刀による事故を未然に防止するため、全日本剣道連盟の定める規格に合致した竹刀に対し、『SSPシール(竹刀シール)』を貼付して品質保証し、規格外の竹刀を排除すると共に消費者への啓発活動に力を注いでいる。

平成23年(2011年) 森 伸雄が第2代理事長に就任。
「SSPシール(竹刀シール)」事業を更に推進し、竹刀の品質の向上に寄与。また、日本の誇る伝統文化「武道」と「ものづくり」その結晶である剣道具を正しく使う為のDVD『剣道具 用と美』の製作に携わる。
平成27年(2015年) 松本孝仁 が第3代理事長に就任。


■全日本武道具協同組合定款
定款ダウンロード(PDF形式)PDF形式

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、左のバナーから無償配布の「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。